日本の骨董品、茶道具とは

日本の趣あふれる茶道に使用される茶道具
茶道具は日本の代表的な骨董品のひとつであり、幅広い人気を集めています。そんな茶道具にも様々な種類があり、それぞれに特徴があります。状態によっては高価買取されることも珍しくない、茶道具に焦点を絞ってご紹介します。

茶筅

茶筅

お茶を立てる際に使用される茶道具が茶筅(ちゃせん)です。
竹製で、穂の数などによって百本立や数穂など種類がいくつかあります。

穂先の本数によって泡の立ち具合が異なり、お茶の種類によって使い分けられます。種類が多いことからコレクターもいらっしゃるほどで、ニーズが高く非常に高価で取り扱われる場合もあります。

使い捨てされることが多かった茶筅は、時代が深くなるとかなり価値の高い貴重な品になります。

茶器

茶器

茶器は大きく分けて、茶入れと棗(なつめ)の二種類があります。

茶入れは濃茶を入れるのに使用される茶道具で、ほとんどが和物や唐物などの焼き物です。地域によって種類も異なり、象牙で作られた高価なものもあります。

また、棗は薄茶を入れるのに使用される茶道具で、赤塗りや黒塗りなど塗り物が多いです。

帛紗

四方の絹で作られた二枚重ねの布が帛紗(ふくさ)です。

帛紗は、お手前をする方が腰にはさんだり、茶器をぬぐったり、盆・茶托の代わりとして器物の下に敷いたりして使用されています。三方縫いで仕立てられており、縫い目がない折り目の一辺は「わさ」と呼ばれています。

また、帛紗には「使い帛紗」と「出し帛紗」の二つがあり、使い帛紗は茶杓を拭く、熱いものを取り扱う際に使用され、出し帛紗は濃茶の際に茶碗に添えて出す際に使用されています。

高額査定も期待できる茶道具など骨董品の買取専門店をお探しの際は、おたからや京都北山店をぜひご利用ください。
おたからや京都北山店では、鉄瓶銀瓶掛け軸、茶道具や絵画などの骨董品を、経験を積んだ専門家がしっかりと査定いたします。出張買取など様々な買取方法がご用意しており、画像を送るだけで査定ができる便利なオンライン査定もご利用いただけます。

おたからや京都北山 /京都・ブランド品の買取 概要

会社名 おたからや京都北山店
所在地 〒606-0833 京都府京都市左京区下鴨前萩町13
電話番号 0120-123-487
FAX 075-746-2448
お問い合わせ お問い合わせはこちらから
URL http://kyoto-kitayama.original-otakaraya.net/
業務内容 ブランド品の買取/ブランドバッグ/ブランド時計/貴金属/骨董品などの高価買取/
説明 京都でブランド品の買取なら『おたからや京都北山店』へ。ブランドバッグやブランド時計、貴金属、骨董品などを高価買取しております。出張買取も行っておりますので、ご不用になったブランド品は高価買取査定の『おたからや京都北山店』にお売りください。
コラム
ブランド品を高く売るためのポイント| オンライン査定での写真撮影のポイント| 宅配買取利用の際は梱包方法に注意
ジュエリーを売るタイミング| 骨董品の種類| 査定前のお手入れが査定額アップのコツ
ブランドバッグを高く売るには日頃のお手入れが大切| ロレックスはなぜ人気があるのか?| ジュエリーのお手入れ方法
日本の骨董品、茶道具とは

2017/10/17 1gあたりのレート
ゴールド K24IG       4,821円

プラチナ Pt1000IG  3,472円
査定方法
LINE方法

招福整理

買取品目一覧

査定額アップのコツ

よくある質問

メール査定

京都北山店案内

京都北山
〒606-0833
京都府京都市左京区下鴨前萩町13
TEL 0120-123-487
メール kyoto-kitayama@otakaraya.jp
営業時間 10:00-19:00
休  日 日曜日